2017年09月17日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー『2.麻婆過江 マーボーへの道』

2017四川武侠ツアーマップ

四川では、戦国時代より「蜀錦」と呼ばれる錦織が盛んにつくられていたため、成都は「錦城」と呼ばれていた。五代十国時代、四川に後蜀という国が起こり成都城内にたくさんの芙蓉を植えたため「蓉城」とも呼ばれている。
街中を流れる川で蜀錦を洗っていたことから、川は「錦江」と名がついた。錦江は岷江の支流で、岷江は長江の支流である。

ホテルからバスで市内を西に移動。途中の橋が「送仙橋」と書いてあった。
4sen003.jpg
後で調べてみると、この近くに四川最大の道観「青羊宮」があり、橋もそれに関係する由来があるようだ。
唐(もしくは宋)の頃、元宵節の前後に青羊宮では今で言うライトアップがされ毎夜とても賑やかだった。
そんな日のもう空が白み始める頃、錦江にかかる石橋に一人の秀才が通りかかったところ、怪しげな二人の男がいるのに気がついた。一人は橋の上に横たわり大口を開けて眠っている。もう一人は、その男のすぐ上の欄干で同じように大口を開けて眠っていた。
よくよく見ると上の男の口からヨダレが垂れて、下の男の口に流れ落ちている。秀才はこれは「呂」の字ではないかと思い至り、男の正体は八仙の一人、呂洞賓ではないかと気付いた。呂洞賓も祭りを見に来たのかと思っていると、朝日の光が差し込んできて怪しい男たちは朝靄に溶けるように消えてしまった。
この話が伝えられ送仙橋と呼ばれるようになったという。
私だと口から口へヨダレが…というところで「うげぇぇぇ」となるので、骨格としての仙骨しか備わっていないのだろうと思う。
ちなみに送仙橋付近は成都でも一番大きな骨董品街だそうだ。

ほどなくバスは四川博物院の駐車場で停車。ここから歩いて店に向かう。
日本でもよく知られるが、ここは四川成都、本場中の本場の「陳麻婆豆腐」である。


続きを読む
ラベル:武侠 武侠ツアー
posted by 八雲慶次郎 at 18:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー 『1.太陽にほえる?』

2017四川武侠ツアーマップ

今年も開催されることとなった『岡崎由美先生と行く中国の旅』。今回は初の四川省を目指します。
成都までの飛行機は成田、関空どちらもあるのですが、直行便のある曜日や時間が合わない。
初日に成田発なら成都に昼過ぎに到着するが、関空からだと夜到着になり半日近く損する気がするので、成田発関空着の変則搭乗での参加にしてもらった。その結果、全ての参加者が成田からの同時スタートになった。

前泊していた空港近くのホテルで早朝の起床、昨日買っておいたもので軽く朝食を取り6時過ぎにチェックアウト。草刈正雄似の外国人の隣のソファーに座って待つこと数分、到着したシャトルバスで空港に移動。
送っておいたスーツケースを受け取り、集合場所に向かうとすでに岡崎先生や迷子さんが到着していた。
添乗員のM山さんが自動チェックイン機がもう使えるというので、チェックイン手続…パスポートもOK…チケットを発券………自動チェックイン機フリーーーズ。・゚・(ノД`)ノ
今回最初のトラブル発生。でもまあ気にしない。
やがて全員がそろっ…あれ?ナニ陛下がいない。どうやら乗ってきたレンタル象が少し遅れるらしい。
ナニ陛下だからしかたがないので、チケットがないままチェックインカウンターへ荷物を預けに行く。
預ける荷物にはバッテリー類が入れられない事になっている。スマホとかデジカメとかも全部手荷物に。
レンタル象が到着してナニ陛下も追いついた。そのへんはさらっと流しておく。
思ったより時間が少なく、搭乗口に全員が再集合してからさほど待つことなく搭乗開始。
飛行機は小さめで座席ごとのテレビは無い。5時間近いフライトでこれは非常につらい。
座席は他の方とは数列離れていたので、ほぼ寝ることに決定。なにはともあれ、無事離陸し四川に向かう。


続きを読む
ラベル:武侠ツアー 武侠
posted by 八雲慶次郎 at 23:03| 兵庫 ☁| Comment(2) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

第13回武侠迷大幇会 参加者募集中!

第13回武侠迷大幇会の詳細です。

日時  2017年11月11日(土)18時30分開場 21時30分終了予定
会場  パセラリゾーツ秋葉原電気街店
https://www.pasela.co.jp/shop/akiba_denki/
千代田区外神田1-13-2
【JR】秋葉原駅 電気街口 徒歩1分  【地下鉄日比谷線】秋葉原駅 徒歩1分
【つくばエクスプレス】秋葉原駅 徒歩3分  【地下鉄銀座線】末広町駅 徒歩5分
【JR】御茶ノ水駅 徒歩10分  【地下鉄都営新宿線】小川町駅 徒歩10分
費用   5000円(飲み放題付)
ゲスト  岡崎由美先生

↓会場までのアクセス情報
https://www.pasela.co.jp/shop/akiba_denki/map/

※大幇会参加申し込みは↓下記フォームからお願いします。
参加申し込み
募集締め切りは、11/3となっております。

武侠関連の賞品が当たる抽選などを予定しています。
ご不要になった武侠(中国)関連グッズなど(観終わったDVDや本など)ありましたらお持ちください。抽選の賞品として活用させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!

ラベル:大幇会
posted by 八雲慶次郎 at 22:07| 兵庫 ☔| Comment(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

武侠ツアー 岡崎由美先生と行く中国の旅 四川省名山の旅-道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅-道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて


2017年の武侠ツアー「岡崎先生と行く中国の旅」の企画が決定しました!
今回は、四川省です。武侠小説でもおなじみで仏教と道教の聖地『峨嵋山』と『青城山』、さらに香港漫画『風雲』映画『風雲ストームライダーズ』でも知られる世界遺産『楽山大仏』などを巡ります。
また武侠ツアー初の5泊6日ということもあり、成都の『武侯祠』『杜甫草堂』や「変臉」が有名な川劇鑑賞もあります。

2017年8月17日(木)~8月22日(火) 5泊6日
同行講師:岡崎由美先生
旅行代金:198000円(別料金:一人部屋差額28000円、燃油サーチャージ約3000円)
申込締切:6月15日(木)
募集人数:15名(最少催行人数10名)

旅行企画:(株)キャラバンツアー 担当・増山

ツアー日程
8/17 成田~成都 昼・機内食
   成都市内へ
   成都銀河王朝大酒店にて宿泊
8/18 専用バスで楽山へ移動
   世界遺産「楽山大仏」見学(遊覧船+凌雲寺)
   楽山嘉州賓館にて宿泊
8/19 午前、専用バスで峨嵋山へ移動
   世界遺産「峨嵋山」見学
   ロープウェイで海抜3000m以上の金頂へ
   ロープウェイで下山
   峨嵋山華生酒店にて宿泊
8/20 午前、専用バスで成都へ移動
   午後、「武侯祠」「杜甫草堂」見学
   夕食後、川劇鑑賞
   成都銀河王朝大酒店にて宿泊
8/21 世界遺産「青城山と都江堰」見学
   成都銀河王朝大酒店にて宿泊
8/22 午後、成都~上海浦東~成田
   昼・機内食 帰国
※利用予定航空会社 中国国際航空
※利用予定ホテルは別の同等クラスになることがあります

今回は成都までが、成田からは帰路が上海で乗り継ぎになり、関西空港からは往路の成都到着が22時になるなど国際航空便の連絡が難しくなっています。
中部から成都の便はありますが、往路は関空よりさらに到着が遅く帰路は早朝出発になるため実質利用不可です。他の空港は直行便はありません。
ちなみに私は、成田発関空着の変則利用で参加予定です。

問い合わせ先はキャラバンツアー 東京支社まで。
https://www.facebook.com/cvtjapan/
「岡崎先生と行く中国の旅」増山さん宛にお願いします。



posted by 八雲慶次郎 at 21:02| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

琅琊榜ロケ地を巡る旅 第二弾

昨年大絶賛された琅琊榜ツアーですが、一週間の日程では参加したいのに参加できない!というファンの叫びに応えて、ロケ地は横店と象山の影視城に絞られますが4泊5日に濃縮して実施されることになりました!
前回参加できなかった方、もう一度参加したい方、最近琅琊榜にハマった方もぜひどうぞ!
梅長蘇の策の如く、ピタリとファンのツボをついてくる旅になることうけあいです!
今回は上海線利用のため、成田の他、名古屋、大阪からもスムーズに参加できます。

日程 2017年6月9日(金)~13日(火) 5日間
費用 15200円(個室利用時は+24000円)
募集人数 20名(最小催行人員10名/うち成田発が6名以上)
募集締切 2017年4月20日(木)


お問い合わせ 
日中平和観光(株) http://www.nicchu.co.jp/
詳細はパンフレットを御覧ください。(pdfファイルです)
posted by 八雲慶次郎 at 18:03| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

岡崎由美先生と行く山東武侠ツアー その14 8月23日

2016山東ツアーマップ

いよいよ、というかやっと山東武侠ツアーの旅日記ラストです。
雰囲気のある街並みをバスで北に移動。途中、ナニ陛下が郵便ポストを動画で撮っているのを生暖かく見守り、混雑する道を抜けて最後の目的地・青島ビール博物館へ到着した。
この後お土産を買う時間があるかあやしいので、M山さんに頼んで買ってきてもらうことにした。
20160823c01.jpg建物の上に缶ビール
20160823c00.jpgビールのオブジェ
青島ビールは今年で110周年だとHPにはあるが、多分2013年から変えてないように思う(^^;
ドイツの投資家が青島でのビール製造を開始したのが1903年のことだ。ドイツのビール醸造技術を採用して、当時は日耳曼啤酒(ゲルマンビール)会社といった。
後に日本統治下では大日本麦酒(アサヒビール、サッポロビールの前身)が買収。第二次大戦終結後に中国が国営企業とした。1993年に中国の国営企業として初めて香港の株式市場に上場し、改革開放路線で民営化される。
20160823c02.jpg人形です
20160823c03.jpg20160823c04.jpg20160823c06.jpg
ここでは初期のビールの製造方法、現在の製造方法や歴史、原料や使われた機器などが展示解説されている。
20160823c05.jpg途中にあった無限ビール樽

そして、ここに来る人が皆待ち望んでいる試飲コーナーw
20160823c07.jpg原酒とおつまみ
ここではビールの原酒一杯とビール酵母でコーティングしたピーナツのおつまみをもらえる。
原酒は酵母を取り除く前のもので、日持ちがしないためここでしか飲めない。生ビールより濁っていて甘みが強い。おいしい!
ピーナツは蜂蜜が入っていて甘いタイプ。塩味のもあったが、この時は知らなかった。
20160823c08.jpg70年代の生ビールの樽
20160823c09.jpg実は爆弾の再利用でした
ここからは現在の工場の生産ライン。
20160823d00.jpg大量に流れる瓶ビール
真ん中の明るいところで、入っている量をチェックする。
20160823d01.jpgこちらは缶ビール
その他、歴代のラベルの展示や酔っぱらい体験(床や壁が斜めになっていてうまく歩けない)などいろいろと展示を見て回って最後に再び試飲タイム!
20160823d02.jpg生ビール一杯無料
ここではできたての生ビールが一杯無料で飲める。それ以上は有料だ。
併設の売店に、さっきのおつまみピーナツなどが売っていたので、皆さんおみやげにちょうどいいと購入。
箱の形が違うものがあったが、同じだと思っていたら味が違った。皆さん失礼しました。
20160823d02a.jpg即墨老酒と塩味ピーナツ
M山さんに頼んで買ってきてもらったのがこの即墨老酒。青島からほど近い即墨の名産の黄酒だ。
言い伝えでは2000年以上前から作られているという。記述にはっきり登場するのは北宋のころ。
黄酒といえば紹興酒が有名だが、紹興酒の原料が糯米(もちごめ)なのに対し即墨老酒は黍米(もちきび)を使う。先に炒ってから醸造するので、とても香ばしいのが特徴だ。
紹興酒よりも色が濃く、味は紹興酒より甘く、コーヒーのような酸味があり、匂いは醤油っぽい(^^;
癖があるほうの酒だが、ナッツ類と抜群の相性である。ここで買ったピーナツと一緒に美味しくいただきました。

帰国の時間が近づき、青島ビール工場を後にした。
しかし、ここで最後のトラップ発動。
20160823d03.jpg
狭い道に違法駐車の車が何台も止まっているため、大型バスがなかなかすれ違うことができない。
後ろも詰まっており、にっちもさっちも行かなかったが運転手のテクもあり、なんとか通過したときには車内から拍手が上がった。
1時間ほどかかり青島空港に到着。時間がないかと危ぶまれたが、スムーズにイミグレを通過し免税店を見て回る余裕があった。
そして一行は、成田行きと関空行きに別れて帰国の途についた。心配された台風による揺れもなく無事に日本に着陸。
長いようで短かった山東武侠ツアーが終了した。

今回の旅では、これまでの武侠ツアーであったほどのトラブルはなくてすみました。まあ、初っ端から電車が遅れ雨にふられたり、毎回のように夕食が遅くなったりはあったものの、泰山など観光の時は天候に恵まれ快適な旅行だったと思います。
最後に、この武侠ツアーを企画していただいた岡崎先生とM山さん、いつも大荷物を抱えて山東愛にあふれていたガイドの王さん、そしてツアーに参加された皆さんに感謝したいと思います。
また何処かの武侠ツアーでお会い出来るのを楽しみにしております。
改めていいますが、私は一参加者ですw 告知したりいろいろ噛んでたりすることはありますが、一参加者なのでお間違えなく(^^;

長々と旅日記にお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m
なんとか大幇会までに書き終えたww

おわり




ラベル:武侠ツアー 武侠
posted by 八雲慶次郎 at 21:15| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

岡崎由美先生と行く山東武侠ツアー その13 8月22日~23日

2016山東ツアーマップ

青島に戻ってきた一行。この旅最後の夕食をとるためにバスで移動。
海沿いの道を行くと、初日にちらりと見た桟橋がライトアップされていた。
夕食は泊まるホテルとは違う氾海名人酒店で海鮮料理をいただく。王さん曰く、ここのホテルは料理もサービスも青島で一番だそうだ。
立派な部屋に通されると、窓からは海が見えライトアップされた桟橋も見える。反射してうまくカメラでは撮れなかったのが残念。
20160822f08.jpg豪華そうな予感
続々と運ばれてくる料理に加え、王さんが女児紅(紹興酒)をサービスしてくれた。
本来の女児紅は、女の子が生まれたときに紹興酒を仕込み埋めておき、結婚するときに掘り出して嫁ぎ先に持参するものだが、これは紹興酒の銘柄である。
20160822f09.jpg20160822g01.jpg
20160822g02.jpg20160822g04.jpg
20160822g03.jpgアワビ!
小さいからトコブシだろう、という話だったがアワビです。
調べたところトコブシは日本の海だけのもので、中国近海ではとれません。トコブシの貝殻には6~8個の穴があるが、アワビは4~5個しか穴がない。出たものを見ると穴が4個のようなので、これは小さいアワビで間違いないようだ。味も良かったヽ(´ー`)ノ
20160822g05.jpg20160822g07.jpg
20160822g06.jpgなぜか焼餃子
20160822g08.jpg20160822h02.jpg
20160822g09.jpgホタテ
20160822h01.jpgヒラメ
中国ではヒラメを牙鮃や扁口魚といったりする。牙は歯のこと。目よりも歯や口に注目しているみたいだ。
大きな魚はメインディッシュなので、改めて乾杯したりする。
20160822h02.jpg20160822h03.jpg
まだまだあったが、円卓が広すぎてうまく撮れてないのもあったのであしからず(^^;
1時間半ほどゆっくりと食事を楽しんだ後、今日泊まる青島匯泉王朝大飯店に移動。5つ星ホテルだ。
ホテルの部屋に入ると鉛筆があったので、例の孔子鉛筆削りにぶっさして写真を取ったw
20160822h04.jpg孔子鉛筆削り
やっぱり、これはアカンやつや…。

8月23日
山東武侠ツアー最終日。午前中に青島観光して午後に帰国の途につく。
20160823a00.jpgホテルからの眺め
朝食は25階にある回転レストラン。円盤型の展望フロアの床がゆっくりと回転していて、食事をしながら青島のほとんど全部を見渡すことができる。天気もいいので絶景だ。
20160823a01.jpgホテル てっぺんが回転レストラン
20160823a02.jpgなぜか上空に凧が揚がっていた
ホテルから道路を挟んですぐ向かいがビーチになっている。早朝から海に入っている人がかなりいた。
早起きして海岸を散歩した人も多かった。
ホテルを出発。まずは小魚山公園に向かう。
青島は中国の市の中でも面積が大変狭い。その割に小さな山なども点在しているので、建物はひしめき合っている。道路も狭いところが多く、観光名所でも観光バスが止められるところはほとんどない。
小魚山公園は眺めのいい小高い山というか丘だが、上まではバスが入れないので手前で降りて歩いた。
20160823a03.jpg小魚山文化名人街区
このあたりには、多くの文化人学者政治家などが住んでいたという。
なかなか雰囲気のある建物と街並みだ。
20160823a04.jpg20160823a05.jpg20160823a06.jpg
小魚山公園の近くには、なぜかコーヒーショップが多かった。
20160823a07.jpg
小魚山は60mほどの山というより丘なので、眺めはそんなに期待していなかったのだが、予想に反して素晴らしい眺望だった。
20160823a08.jpg建物は中華風だが
20160823a09.jpgドイツ様式の建物がつらなる
20160823b00.jpgその向こうには高層ビル
20160823b01.jpg泊まったホテルとビーチ
20160823b02.jpg青島電視塔
20160823b03.jpg城?
これは日本統治時代に作ったもので、青島水族館です。王さん曰く大阪城(^^;
20160823b04.jpgキノコ?
20160823b05.jpg拡大すると
信号山公園。ドイツがここで船舶に旗で信号を送っていたことから名前がつきました。
キノコみたいなのは今は展望台になっています。大昔に3つの狼煙で連絡をとったことから、3つの赤いドームをシンボルに作ったそうです。かつてはレストランとして営業したそうですが、山頂まで道路もないため不便すぎて廃業したとか(^^;
手前の立派な建物は、元はドイツ総督邸で後に迎賓館として使われました。

ここで360°画像
青島小魚山公園360°画像

バスが止まれそうなところまで歩いて降りてくる。道が狭いので速攻で乗り込む一行。
海岸近くまで移動するが、このあたりもバスを止める場所がないので、少し歩いて桟橋に向かう。
20160823b07.jpg桟橋
中まで行けるが、すごい混雑でスリも多発しているし、転落事故などもあるので離れて見ることに。
20160823b08.jpgすごい人だ
20160823b06.jpg桟橋と小青島
↑の左側の小さな島が、青島の街の語源となった島だそうだ。

ここで360°画像
青島桟橋360°画像

20160823b09.jpg新旧の建物が共存する青島の街

青島に戻ってきてから、バス移動のときに王さんがよく日本語の歌を歌う。ワンフレーズとかでなくフルで歌う。途中で拍手が上がっても止まらず最後まで歌いきる。気持ちが良さそうだ。
狭い道をすれ違うのに苦労したり渋滞したりしながら、この旅最後の目的地へとバスは向かった。
次回最終回です。

つづく




posted by 八雲慶次郎 at 22:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする