2008年05月18日

九州旅日記のこと・その3

初めての九州新幹線はあっというまに到着してしまった。主に山間を走っているので景色もかわり映えせず。
新八代で隣のホームに止まっている特急に乗り換える。ここからのほうが長い。
熊本まで来たとき城が見えるかなと思ったがほとんど見えなかった。明日来るからいいんだけどね。
博多に着くまで重剣さんといろいろな話をして過ごしました。
間もなく行われる九州幇会のこと、過去の幇会のこと、ビジネスの話、整体やカイロの話、たくいたさん却下、重剣さんのハンドルの由来、豆剣士の謂れ、ぼんたんあめ秘話etc…。

そして博多に到着。

4/12 17時過ぎに博多駅に到着。待ち合わせ場所のミスドを確認してからホテルに移動する。
最初ネカフェを予定していた重剣さんだが、新幹線のチケットが安くなったこともありホテルに泊まる事に。幸い私の泊まるホテルの部屋に空きがあったので、そのままチェックインした。
17時45分頃にホテルを出発。先に明日の切符を手に入れておくことにする。
私は熊本まで、重剣さんは鹿児島までだが今回は安くならなかった。どうやら九州新幹線を二人で乗らないと割引にならないらしい。重剣さん残念。

切符を買った後、ミスド前に行くと宣和堂さんが待っていた。阿吉さんも近くにいたようですぐに合流。つづいてあめんおささんも到着。堺からだと関空に近いので飛行機でくるほうが手っ取り早いようだ。
やがて洪八公さんも到着。店の予約時間まで時間があるのでお茶でも飲んで待つことにする。
ここから洪八公さんの強力幹事っぷりが発揮される。
しゃべりながら歩いているといつの間にか洪八公さんが消え、帰ってくると喫茶店に席を確保してきていた。
喫茶店に入るとまたも姿を消したが、これは忘れ物を取りに行ったらしい…。
ここで皆さんの持ってきたお土産を交換する。
私のはたこ焼きも考えたのだが、前日から入るので痛むといけないのでやめて、丹波の黒豆甘納豆などにした。
阿吉さんから「ふくカレー」などを貰う。あめんおささんは赤福を持参。賞味期限は九州滞在中に切れる…なんとか食おう。
そうこうしているうちに時間が来て移動することに。歩いていくのかと思ったらタクシーで移動。有名店らしく店の名前だけで通じるようだ。

数分で到着。お店は「牛もつ鍋 おおいし」の2号店(http://www.motunabe-oisi.com/)。予約時間より少し早かったので片付けが済んでおらず玄関先で待つ。
準備が整って2階へ。まずは飲み物と、初めて食べるモツ鍋のしゃぶしゃぶを鍋2つ注文する。
なにはともあれ乾杯して、初九州幇会と再会などを祝う。
kyushuhou 136.jpg
しょうゆベースで煮込んだのを酢じょうゆでいただく。さっぱりした良い味だ。
他に重剣さんが来る時から今日は頼むと決めていたらしい馬刺しやなんこつから揚げなども酒のアテにする。
kyushuhou 139.jpgkyushuhou 137.jpg
しゃぶしゃぶの次はしょうゆ味のと味噌味のを1つづつ追加。
画像はどっちのだか覚えていない…。
具をほぼ食べたところで、片方にはちゃんぽん麺、もう一方にはご飯をいれて雑炊にする。これもまたいい具合の味になって食が進む。ビールのほかに焼酎を1本キープして飲むが、私はあまり焼酎を飲まないので他の人にまかす(^^;
時間が来たのでここはお開きに。続いては屋台にいくとのことですが、すでにかなりお腹は一杯に(^^;
ここからタクシーで親不孝通りの入り口まで移動する。

ここであめんおささんが予約していたホテルがかなり離れていることが判明。飛行機とセットでとったらそうなったらしい。
タクシーから降りた一行は合流して目的の有名な屋台に。
小金ちゃん(http://www.yatai.ne.jp/shop/koki/)はすでに行列が出来ていたが、この日はまだ少ないらしいので待つことにする。
待つ間に先に注文しておく。腹はくちいのでみんなで分けて食べることに。名物らしい焼きラーメンやめんたいたまごなどをたのむ。
待っているとき、店の大将と常連らしいほどよく酔ったおっちゃんとの会話で盛り上がる。店の大将と常連のおっちゃんと宣和堂さんが肩を組んでいるところを写真に撮ったが、フラッシュが焚けなかったためほとんど見えず。せっかくのいい笑顔が…といっても使いどころがないわけだが。
そしていろいろと話して待つこと30分?(もっとかも)席があいたので中へ。
飲み物は昨日飲みかけを持っていかれて悔しかった梅酒にする。
kyushuhou 143.jpgkyushuhou 144.jpg
屋台の様子と名物の「焼きラーメン」。
kyushuhou 145.jpgkyushuhou 146.jpg
めんたいたまごと何とかステーキ(名前忘れた(^^;)。
ほかにも普通のラーメンも分けて食べました。
めんたいたまごが一番よかったと思います。焼きラーメンもまあまあなんですが、日清の袋の焼きそばを水分多めで作った感じなんですがどうでしょう(^^;
焼きラーメンはどて焼のタレが入るらしいので少々味が違いますが。
ここで今回参加できなかったまやさんから送っていただいた八橋が配られます。そえられたメッセージはあえて伏せますw
屋台の下ではモツ鍋屋でキープされた焼酎もまわされます(^^;
料理も片付け焼酎もカラになった頃にはいい時間に。
地下鉄で博多に戻ることにしますが、また洪八公さんがいないと思ったらいつの間にか皆さんにおみやげにと、屋台で持ち帰り用の焼きラーメンを買ってくれていました。
そのあと地下鉄駅へ。あめんおささんの宿へは逆方向らしい。
洪八公さんが地下鉄のドアにはさまれるがこじ開ける。
博多に到着したころには日付が変わっていたかもしれない。
それぞれ今回の幇会のことを回想しつつ宿へと帰って行った。

明日は8時台の特急で移動する。お見送りにも来て下さるようなので、遅れないように起きねばなるまい。
こうして初めてきた博多の夜は更けていった。

つづく
ラベル:九州旅日記
posted by 八雲慶次郎 at 22:21| 兵庫 | Comment(4) | TrackBack(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ、とても、お腹いっぱいだったのが走馬燈のように、思い出されました。
屋台では、洪八公さんと、アニメの話してたような気もします。宣和堂さんが、熱くとても熱くグランラガンの話しをしていたような、気もしてきました。
Posted by 重剣 at 2008年05月19日 12:28
いいですねぇ九州、><。
と~っても行きたかったのですが、遠出はなかなか出来そうにありません。幇主の旅行記を読んで九州気分を味わっておきます。羨ましいです(泣)お料理も美味しそう・・・T_T
機会があれば、行きたいです♪
Posted by 余夫人 at 2008年05月19日 20:12
何とかステーキは、確かさがりステーキだったと思います(^-^)
又重剣さんが走馬灯って言ってる…。
Posted by 阿吉 at 2008年05月19日 21:55
>重剣さん
熱く、俺のドリルが天を衝くぜ!と語っていたかと…。
どうか幽世から見守ってください。

>余夫人さん
かなーり偏った九州旅行なので、これが九州か!と思わないようにお願いします(^^;
今回訪れたところでも、まだまだ見所はたくさんあるのでまた行きたいですね。

>阿吉さん
さがりステーキですか。さがりというと横隔膜あたりの肉のことですね。全然かんけいなかったりして(^^;
Posted by 八雲慶次郎 at 2008年05月21日 18:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック