2007年10月14日

2007桃花島(に行くはずだった)ツアー詳細のこと・第2話

最初から1日1話ですらなくなっている旅行記。
とりあえず料理は写真をならべればなんとかなるから楽だぞ!w
しかし、帰ってきてからの食べ物の落差にはまいった…。

ということで、10/6の夜から再開。

第2話 海鮮寧波料理!中国ビールは水と同じ

寧波に入ってから登場のガイドのおねぃさんによると、寧波は服飾産業が盛んなようだ。シャツなどを日本にもたくさん輸出している。中国産のもののかなりの割合が寧波でつくられたものらしい。
また日本との関わりも古くからある。遣隋使遣唐使の船が着いたのはこの寧波だし、お茶や仏教はここから日本に伝えられた。
まあしかし、これから夕食ということで料理の話が第一であるw
古くから港町として栄えた寧波だけに海鮮料理がメインだ。味付けは上海が醤油を多用するのに対し、寧波は塩味が主流であるという。その中間が食の都・杭州だ。
その他に有名なのは、寧波湯圓(にんぽーだんご)。元宵節の時に食べる湯圓だ。いずれ食事に登場することだろう。

バスはレストランに到着。バスからレストランのわずかな距離でも傘をさしながらぬれてしまうほどの大雨が降り続いている。
ふたつの円卓に全員がそろい、次々と料理が運ばれてくる。
それなりの旅行費用なだけあり豪華だw
まずは画像をならべます。
PA060066.jpgPA060067.jpg
PA060068.jpgPA060069.jpg
PA060072.jpgPA060075.jpg
PA060076.jpg
例によって料理の写真を片っ端から撮ってゆく。やはりみんなに伝染して撮影会に。
岡崎先生の音頭で乾杯され、旅行の最初の夕食となった。
魚は地元では「玉昌」と呼ばれている「イボダイ(エボダイ)」や「太刀魚」が特産でよく出てくる。
緑のスープはセロリとエビやタコの海鮮が入ったもの。ワタリガニやエビの塩茹でや素揚げ、貝類の海産物がやはり多い。
今回はスライスした餅と炒めたぶつ切りのシャコが絶品だった!
他にはタウナギや鶏まるごとスープ、豆苗炒めにもちろん山盛りの炒飯もある。
春雨をつかった料理も多い。この日には出なかったが里芋もこのあたりの名産らしい。
そしてデザートは、どこに行ってもどの季節にもでてくる西瓜だ。どこでつくっているのやら…。
飲み物は主にビールなのだが、中国のビールはうすい。お茶飲んでるのと大差ないくらいだ。
それもそのはず、アルコール度数は2%前後しかないのでノンアルコールに近いのだ。この日のは「雪花啤酒」。
お腹もいっぱいで話も盛り上がったが、明日もあることなのでこれでお開きに。
翌日は寧波での観光ということで、のんびりと朝9時の出発だ。
しかし、問題は台風だ。この時点での情報では台湾付近にあるというが進路はよくわからない。
3日目に予定される桃花島へはフェリーに乗っての移動になるので、直撃しなくても波の高さで欠航する可能性がある。
予断を許さない状況のなか、ガイドの許さんの携帯がしきりに鳴っていた。

ホテルにもどり風呂に入った後、テレビで台風情報を確認しようとしたが、日本のような台風の進路予想図とかはほとんどでてこないので要領を得ない。
仕方なしに携帯から日本の台風情報をみていた。あとで料金が凄いんじゃないかと不安である。
こうして旅行1日目の夜は更けていった…。

予告 第3話 雨マークは二つ!暴雨寧波観光
ラベル:武侠ツアー
posted by 八雲慶次郎 at 21:13| 兵庫 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 武侠 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無事で何よりでした。
写真みているだけでよだれがー
うらやましいです~
がんばって貯金します!
Posted by くじら at 2007年10月15日 00:50
すごいですね毎回こんな凄い料理が出るのですか?
死ぬまでに行ってみたいです。桃花島
Posted by 洪八公 at 2007年10月15日 21:33
>くじらさん
危険といえば危険なんですが、本人はウキウキはしませんでしたがワクワクしながら楽しんでおりましたw
値段も高いし至れり尽くせりの旅の予定だったので、退屈なところもあるかなあ、と思っていたのですがトラブルで逆にいつも楽しめました!

>洪八公さん
これで8人分か9人分の料理です。今回は旅費がけっこう高かったのでちょっと豪華ですが、これまでの個人旅行でも1食1000円ほども出せばかなり豪華なのが食べられます。
屋台などでお腹をふくらせるだけなら100円もかかりません。
桃花島は田舎なのであまり豪華さはないですが、やはり海鮮料理がおいしいですよ。
Posted by 八雲慶次郎 at 2007年10月16日 00:22
八雲さん、遅ればせながら京都での記念幇会ではお世話になりありがとうございました。その数日後に桃花島へ旅立たれていたなんて。。。台風中ご無事で何よりでした!それにしても御馳走ですね~。セロリのスープ、気になります!
Posted by 師妹 at 2007年10月16日 22:06
こちらこそありがとうございました!
また機会があったらぜひぜひ!
中華のセロリはうまいですねえ♪炒めものやスープ、あとは餃子の具にもあいますね。
Posted by 八雲慶次郎 at 2007年10月17日 00:11
ようやくというか今更というか…私も旅行記を書き始めました。
といってもまだ1日目のみ。もう細部を殆ど忘れてしまってかなりあやふやです。
Posted by goggles at 2007年10月30日 17:30
>gogglesさん
私も1日目と2日目のところですでに記憶違いを書いています(^^;
写真やビデオを撮っていないところは、もうノリです(^^;
Posted by 八雲慶次郎 at 2007年10月30日 19:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

[2007 Autumn] 射チョウ周遊伝 第1話 旅の仲間
Excerpt: 出立 払暁、とはいえ酒楼からは夜の名残の喧騒が聞こえる。そんな朝の街を足早に通り
Weblog: goggles::LIST
Tracked: 2007-10-30 17:24