2005年04月26日

福知山線列車事故のこと

私は宝塚在住で大阪方面に仕事に行っています。宝塚はJRと阪急電鉄の駅が隣接しており、私は職場に近い駅がある阪急を利用しています。
事故を知ったのはその日の昼休み。遠くからテレビをちらっと見ただけだったので、列車同士の衝突なのかと思っていました。その後情報を聞くたびに亡くなった方の人数が増えていき、詳細がわからないままに大惨事であると感じました。
残業が終わり帰路につくと、電車がいつもより混雑しており終点の宝塚につくと、たくさんの人で駅があふれ手に手に振替票をもっていました。普段JRを利用している人が阪急を使っているからでした。ここにいたり思っていたよりはるかに身近に起こった事故だと気付いた次第です。
運賃はやや高いですが大阪までにかかる時間はJRのほうが早いので利用客も多いです。私も同じ電車に絶対乗らないとは限りません。そのとき果たして無事にいられるかどうか…。安全であるというのは、どういう基準なのか。考えさせられることが多いです。
亡くなられた方のご冥福を祈り、一人でも多くの方が救出されることを願っております。
posted by 八雲慶次郎 at 23:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。