2017年09月17日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー『2.麻婆過江 マーボーへの道』

2017四川武侠ツアーマップ

四川では、戦国時代より「蜀錦」と呼ばれる錦織が盛んにつくられていたため、成都は「錦城」と呼ばれていた。五代十国時代、四川に後蜀という国が起こり成都城内にたくさんの芙蓉を植えたため「蓉城」とも呼ばれている。
街中を流れる川で蜀錦を洗っていたことから、川は「錦江」と名がついた。錦江は岷江の支流で、岷江は長江の支流である。

ホテルからバスで市内を西に移動。途中の橋が「送仙橋」と書いてあった。
4sen003.jpg
後で調べてみると、この近くに四川最大の道観「青羊宮」があり、橋もそれに関係する由来があるようだ。
唐(もしくは宋)の頃、元宵節の前後に青羊宮では今で言うライトアップがされ毎夜とても賑やかだった。
そんな日のもう空が白み始める頃、錦江にかかる石橋に一人の秀才が通りかかったところ、怪しげな二人の男がいるのに気がついた。一人は橋の上に横たわり大口を開けて眠っている。もう一人は、その男のすぐ上の欄干で同じように大口を開けて眠っていた。
よくよく見ると上の男の口からヨダレが垂れて、下の男の口に流れ落ちている。秀才はこれは「呂」の字ではないかと思い至り、男の正体は八仙の一人、呂洞賓ではないかと気付いた。呂洞賓も祭りを見に来たのかと思っていると、朝日の光が差し込んできて怪しい男たちは朝靄に溶けるように消えてしまった。
この話が伝えられ送仙橋と呼ばれるようになったという。
私だと口から口へヨダレが…というところで「うげぇぇぇ」となるので、骨格としての仙骨しか備わっていないのだろうと思う。
ちなみに送仙橋付近は成都でも一番大きな骨董品街だそうだ。

ほどなくバスは四川博物院の駐車場で停車。ここから歩いて店に向かう。
日本でもよく知られるが、ここは四川成都、本場中の本場の「陳麻婆豆腐」である。


続きを読む
ラベル:武侠 武侠ツアー
posted by 八雲慶次郎 at 18:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする