2017年10月14日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー『5.ストームライダーズ Buddha of the world』

2017四川武侠ツアーマップ

いろいろと立て込んでいて書けなかったり、書こうと思ったらアクセス障害とかで随分と間が空きました。
大幇会までに終わるのだろうか(^^;

いよいよ長年楽しみにしていた楽山大仏へと向かう。レストランからは10分程度だった。
まずは遊覧船に乗り川から大仏を見ることになる。
4sen123.jpg遊覧船
4sen124.jpg一応ちゃちな救命胴衣を装着
このあたりは岷江、大渡河、青衣江が交わる合流域なので、水面を見ると川の色の境目が見える。
4sen125.jpg

楽山大仏は、唐の玄宗の頃、開元元年(713年)から90年かけて作られた。当時の楽山付近では大量の塩が産出され川を使って運搬され、年間で当時の価値で1000億円もの利益になったという。
しかし、輸送の大動脈である岷江は時に暴れ川となって人々を悩ませていた。
貴州省の僧・海通和尚が民衆から布施を集め凌雲寺そばの川に面した崖に、水害を鎮めるための仏像を彫ることになった。
布施だけであんなに巨大なものが作れるのかと思っていたが、塩商いで巨万の富を得ている商人の財力なら可能だったのだろう。
だが周辺を治めていた郡の官吏は大仏に大金が使われることが気に食わなかったようで、海通和尚に賄賂を渡すよう要求してきた。
海通和尚はきっぱりと断り「自分の目玉なら惜しくもないが、布施は仏様のものでありびた一文も渡せない」というと、官吏は腹を立てて「ならば目玉を寄越せ!」と言った。
海通和尚は動ずることもなく片眼を抉り出し目玉を皿にのせて官吏に差し出すと、傲岸不遜な官吏も恐れおののいて己の行いを悔い、その後は口出しすることはなかった。
海通和尚は大仏の完成を見ることなく亡くなったが、剣南西川節度使であった韋皐が後を引き継ぎ貞元19年(803年)に空前絶後の楽山大仏が完成した。
楽山大仏はただ仏様に祈るというだけではなく、工事で出た土砂を川の合流地点に投入することで水深を浅くして水害を大幅に減らすという効果があった。
完成当時の楽山大仏は大仏像閣という13層の木造の建物で囲われ、衣は金箔が貼られ肌は朱に塗られていたという。 しかし、明代末に建物は焼失してしまい、近年に修復されるまで雨ざらしで雑草に覆われていた。
このあたりの岩は脆く、指でもほじくれるほどで加工がし易い反面風化も激しい。だが楽山大仏は400年ほども風雨にさらされていた割には、修復前でもかなり原型をとどめていた。
それは雨水や湧水を外に逃がすための排水溝や溝をあらかじめ作っていたためであった。
数日後に訪れる都江堰でも思ったが、古代には恐るべき技術や知識をもった天才たちがいたものだと驚かされた。

続きを読む
posted by 八雲慶次郎 at 22:07| 兵庫 ☁| Comment(1) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー『4.レイダース 見つかったの?馬蹄銀』

2017四川武侠ツアーマップ

前回の峨眉武術の門派について補足だけしておくと、全体的に見ると峨嵋派は南派拳術に属しており、足技より手技を多用する傾向にある。柔らかな身法と頭肩肘膝などを用いた接近戦も特徴と言える。シャーマニズムの影響からなのか動物などの動きを模した象形拳が多いのも特徴。
五花(青牛、青城、鉄佛、黄陵、点易の5つの地域もしくは流派)八葉(僧、趙、杜、岳、洪、慧(会)、字、化の8つの門派。四大家四小家と呼ぶ。)の門派や緑林派、余門拳などが長い歴史を持つ。
また鴨形拳のほか黄鱔拳(タウナギ拳)なども四川で生まれた珍しい武術だ。なお、この話のあとすぐにナニ陛下が「ナニ式タウナギ拳」を編み出したことも追記しておく。

さて一夜明けて8/18。今日は成都を離れ世界遺産の一つ楽山大仏のある楽山市に向かう。楽山市までは南に直線距離で130kmほど。
今日は日程に余裕もあり楽山までの途中で寄り道することになった。

続きを読む
ラベル:武侠ツアー 武侠
posted by 八雲慶次郎 at 22:11| 兵庫 ☀| Comment(2) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー『3.嵐を呼ぶマーボー 麻と辣』

2017四川武侠ツアーマップ

さて今回の武侠ツアー旅日記のサブタイトルは、映画やドラマのタイトルなんかをもじったりしているわけですが、今回のは念のためにいうと「嵐を呼ぶ男」ではなく「嵐を呼ぶドラゴン/方世玉與洪熙官」のほうです。
次からはどうなるのかわかりませんw

素晴らしい岡崎先生の講義がすんで、ぼちぼち本場の麻婆豆腐を味わいたいところだったのですが、資料を作った手前、峨嵋武術の説明をすることになりました。
しかし、資料を作りながら思ったのは峨嵋武術の系譜があまりにも複雑で裾野が広く、どこまでを峨嵋派と呼んでいいのか、いやどこからが峨嵋派なのかも断言するまでにはいたらないほどで、四川の深山のごとく深すぎるという感覚でした。
でも、なんとかネタwにするべく無理やりまとめた資料で説明を始めた。

続きを読む
ラベル:武侠 武侠ツアー
posted by 八雲慶次郎 at 21:48| 兵庫 ☁| Comment(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー『2.麻婆過江 マーボーへの道』

2017四川武侠ツアーマップ

四川では、戦国時代より「蜀錦」と呼ばれる錦織が盛んにつくられていたため、成都は「錦城」と呼ばれていた。五代十国時代、四川に後蜀という国が起こり成都城内にたくさんの芙蓉を植えたため「蓉城」とも呼ばれている。
街中を流れる川で蜀錦を洗っていたことから、川は「錦江」と名がついた。錦江は岷江の支流で、岷江は長江の支流である。

ホテルからバスで市内を西に移動。途中の橋が「送仙橋」と書いてあった。
4sen003.jpg
後で調べてみると、この近くに四川最大の道観「青羊宮」があり、橋もそれに関係する由来があるようだ。
唐(もしくは宋)の頃、元宵節の前後に青羊宮では今で言うライトアップがされ毎夜とても賑やかだった。
そんな日のもう空が白み始める頃、錦江にかかる石橋に一人の秀才が通りかかったところ、怪しげな二人の男がいるのに気がついた。一人は橋の上に横たわり大口を開けて眠っている。もう一人は、その男のすぐ上の欄干で同じように大口を開けて眠っていた。
よくよく見ると上の男の口からヨダレが垂れて、下の男の口に流れ落ちている。秀才はこれは「呂」の字ではないかと思い至り、男の正体は八仙の一人、呂洞賓ではないかと気付いた。呂洞賓も祭りを見に来たのかと思っていると、朝日の光が差し込んできて怪しい男たちは朝靄に溶けるように消えてしまった。
この話が伝えられ送仙橋と呼ばれるようになったという。
私だと口から口へヨダレが…というところで「うげぇぇぇ」となるので、骨格としての仙骨しか備わっていないのだろうと思う。
ちなみに送仙橋付近は成都でも一番大きな骨董品街だそうだ。

ほどなくバスは四川博物院の駐車場で停車。ここから歩いて店に向かう。
日本でもよく知られるが、ここは四川成都、本場中の本場の「陳麻婆豆腐」である。


続きを読む
ラベル:武侠 武侠ツアー
posted by 八雲慶次郎 at 18:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

岡崎由美先生と行く四川武侠ツアー 『1.太陽にほえる?』

2017四川武侠ツアーマップ

今年も開催されることとなった『岡崎由美先生と行く中国の旅』。今回は初の四川省を目指します。
成都までの飛行機は成田、関空どちらもあるのですが、直行便のある曜日や時間が合わない。
初日に成田発なら成都に昼過ぎに到着するが、関空からだと夜到着になり半日近く損する気がするので、成田発関空着の変則搭乗での参加にしてもらった。その結果、全ての参加者が成田からの同時スタートになった。

前泊していた空港近くのホテルで早朝の起床、昨日買っておいたもので軽く朝食を取り6時過ぎにチェックアウト。草刈正雄似の外国人の隣のソファーに座って待つこと数分、到着したシャトルバスで空港に移動。
送っておいたスーツケースを受け取り、集合場所に向かうとすでに岡崎先生や迷子さんが到着していた。
添乗員のM山さんが自動チェックイン機がもう使えるというので、チェックイン手続…パスポートもOK…チケットを発券………自動チェックイン機フリーーーズ。・゚・(ノД`)ノ
今回最初のトラブル発生。でもまあ気にしない。
やがて全員がそろっ…あれ?ナニ陛下がいない。どうやら乗ってきたレンタル象が少し遅れるらしい。
ナニ陛下だからしかたがないので、チケットがないままチェックインカウンターへ荷物を預けに行く。
預ける荷物にはバッテリー類が入れられない事になっている。スマホとかデジカメとかも全部手荷物に。
レンタル象が到着してナニ陛下も追いついた。そのへんはさらっと流しておく。
思ったより時間が少なく、搭乗口に全員が再集合してからさほど待つことなく搭乗開始。
飛行機は小さめで座席ごとのテレビは無い。5時間近いフライトでこれは非常につらい。
座席は他の方とは数列離れていたので、ほぼ寝ることに決定。なにはともあれ、無事離陸し四川に向かう。


続きを読む
ラベル:武侠ツアー 武侠
posted by 八雲慶次郎 at 23:03| 兵庫 ☁| Comment(2) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

第13回武侠迷大幇会 参加者募集中!

第13回武侠迷大幇会の詳細です。

日時  2017年11月11日(土)18時30分開場 21時30分終了予定
会場  パセラリゾーツ秋葉原電気街店
https://www.pasela.co.jp/shop/akiba_denki/
千代田区外神田1-13-2
【JR】秋葉原駅 電気街口 徒歩1分  【地下鉄日比谷線】秋葉原駅 徒歩1分
【つくばエクスプレス】秋葉原駅 徒歩3分  【地下鉄銀座線】末広町駅 徒歩5分
【JR】御茶ノ水駅 徒歩10分  【地下鉄都営新宿線】小川町駅 徒歩10分
費用   5000円(飲み放題付)
ゲスト  岡崎由美先生

↓会場までのアクセス情報
https://www.pasela.co.jp/shop/akiba_denki/map/

※大幇会参加申し込みは↓下記フォームからお願いします。
参加申し込み
募集締め切りは、11/3となっております。

武侠関連の賞品が当たる抽選などを予定しています。
ご不要になった武侠(中国)関連グッズなど(観終わったDVDや本など)ありましたらお持ちください。抽選の賞品として活用させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!

ラベル:大幇会
posted by 八雲慶次郎 at 22:07| 兵庫 ☔| Comment(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

武侠ツアー 岡崎由美先生と行く中国の旅 四川省名山の旅-道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅-道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて


2017年の武侠ツアー「岡崎先生と行く中国の旅」の企画が決定しました!
今回は、四川省です。武侠小説でもおなじみで仏教と道教の聖地『峨嵋山』と『青城山』、さらに香港漫画『風雲』映画『風雲ストームライダーズ』でも知られる世界遺産『楽山大仏』などを巡ります。
また武侠ツアー初の5泊6日ということもあり、成都の『武侯祠』『杜甫草堂』や「変臉」が有名な川劇鑑賞もあります。

2017年8月17日(木)~8月22日(火) 5泊6日
同行講師:岡崎由美先生
旅行代金:198000円(別料金:一人部屋差額28000円、燃油サーチャージ約3000円)
申込締切:6月15日(木)
募集人数:15名(最少催行人数10名)

旅行企画:(株)キャラバンツアー 担当・増山

ツアー日程
8/17 成田~成都 昼・機内食
   成都市内へ
   成都銀河王朝大酒店にて宿泊
8/18 専用バスで楽山へ移動
   世界遺産「楽山大仏」見学(遊覧船+凌雲寺)
   楽山嘉州賓館にて宿泊
8/19 午前、専用バスで峨嵋山へ移動
   世界遺産「峨嵋山」見学
   ロープウェイで海抜3000m以上の金頂へ
   ロープウェイで下山
   峨嵋山華生酒店にて宿泊
8/20 午前、専用バスで成都へ移動
   午後、「武侯祠」「杜甫草堂」見学
   夕食後、川劇鑑賞
   成都銀河王朝大酒店にて宿泊
8/21 世界遺産「青城山と都江堰」見学
   成都銀河王朝大酒店にて宿泊
8/22 午後、成都~上海浦東~成田
   昼・機内食 帰国
※利用予定航空会社 中国国際航空
※利用予定ホテルは別の同等クラスになることがあります

今回は成都までが、成田からは帰路が上海で乗り継ぎになり、関西空港からは往路の成都到着が22時になるなど国際航空便の連絡が難しくなっています。
中部から成都の便はありますが、往路は関空よりさらに到着が遅く帰路は早朝出発になるため実質利用不可です。他の空港は直行便はありません。
ちなみに私は、成田発関空着の変則利用で参加予定です。

問い合わせ先はキャラバンツアー 東京支社まで。
https://www.facebook.com/cvtjapan/
「岡崎先生と行く中国の旅」増山さん宛にお願いします。



posted by 八雲慶次郎 at 21:02| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠 | 更新情報をチェックする